スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルトナージュ パピエコトンの最新情報は新しいホームページで紹介しています。
新しいホームページをご覧になる場合はこちらをクリックして下さい♪

体験レッスン 材料をお探しの方 カルトナージュ教室

4面とも引き出しがついている4つの引き出しの箱

今回の作品はなかなか面白い形ですよ。こうして見ると引き出しが1つの箱に見えますが…。



作品を上から見てみましょう…。



なんと引き出しが4つもあるのです。今回のカルトナージュ作品は『4つの引き出しの箱』(Bloc a quatre tiroirs)です。

この作品の特徴はとにかく「引き出し」です。それぞれの面に1つずつ引き出しがあるので、どの向きにしても引き出しが正面にくるようになります。
引き出しは製図での大きさと実際作る大きさが違うことがよくあります。カートンを組み立てていくと引き出しを入れるスペースにミリ単位の誤差が生じてくるので、製図の大きさ通りに作ってもぴったり収まらなくなってしまうのですね。
引き出しを作る場合は、作品を組み立ててから引き出しスペースの大きさをきっちり測って、ピッタリサイズの引き出しを作りましょう。



今回はアジア製の柄紙を使用しました。いつも使用しているカルトナージュペーパーはなめらかな手触りの薄手の紙なのですが、今回使用したアジア製の紙はちょっとごわごわした感じの厚手の紙です。ですが紙自体は柔らかくて意外と扱いやすかったです。ただ紙の裏から模様が透けて見えないので、紙の模様が曲がらないようにケント紙をまっすぐ貼るのに苦労しましたね。
引き出し部分は柄紙の色に合わせてクリーム色のスキバルにしましたが、これだけだと地味になりそうだったので赤紫のスキバルを縁取りのように使ってアクセントにしました。



引き出しにはイタリア製の引き手金具を使っています。ゴールドと迷ったのですが、ゴールドだと金具が目立ちすぎる感じがしたのでこちらにしました。金具を変えると作品の印象が変わりそうですね。

引き出しをぴったりサイズで作れると嬉しいですよね。引き出しが4つもあるこの作品は引き出し作りの良い練習になりますよ♪

カルトナージュ パピエコトンの最新情報は新しいホームページで紹介しています。
新しいホームページをご覧になる場合はこちらをクリックして下さい♪

体験レッスン 材料をお探しの方 カルトナージュ教室

コメント

きっちり!

きっちり作らないと、引き出しが引き出せなくなりますね。
確かにいい練習になりそう~
おもしろい形だな~と思いましたよ。

私は記事の題名から、自分なりにどういった形なのかを想像してから写真を見るようにしています。

今回のは難しかったです。

2段にして、1階と2階とで引き出しを左右変えて重ねたらからくり箱みたい~と思いましたよ。


2012/08/09 22:49 | かえる | URL

Re: きっちり!

かえるさん、コメントありがとうございます♪

2段にするというアイデア、面白いですね!
1段目と2段目で色違いの生地を使ってみたり、柄を変えてみたりと色々楽しめそうです。
ん~、想像してたらちょっと作ってみたくなりました。
さらに引き出しがたくさんの作品になりますね。

記事のタイトルから内容を想像してくれているなんて、私はまったく想像していませんでしたよ~。
そういう楽しみ方をしてくださっているのですね。嬉しい♪
毎回タイトルを考えるのにけっこう苦労していたのですが、これからは考えるのが楽しくなりそうです。

2012/08/10 11:58 | PAPIER*COTON | URL編集

非公開コメント

この記事のトラックバックURL

http://papiercoton.blog136.fc2.com/tb.php/125-0451f116

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。