スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルトナージュ パピエコトンの最新情報は新しいホームページで紹介しています。
新しいホームページをご覧になる場合はこちらをクリックして下さい♪

体験レッスン 材料をお探しの方 カルトナージュ教室

手作りの箱にプレゼントと感謝の気持ちを込めて ~サテンリボンが華やかなギフトボックス~

[ギフトボックス] ブログ村キーワード



まもなく卒業・転勤シーズンで、贈り物を贈る機会も増えますね。お友達やお世話になった方に、手作りの箱にプレゼントと感謝を込めて贈るのも素敵ですよね。ありがとうの気持ちがより相手の方に伝わると思いますよ♪
そこで今回はギフトボックスを紹介します。



蓋部分はバラ柄で大人っぽく、箱の外側部分は布クロスを使ってシンプルに仕上げました。蓋についているのは1.5cm幅のサテンリボンです。太めのリボンなので存在感があり、華やかな雰囲気になりました。



リボンは蓋に直接差し込んでいるのではずれてしまったりすることはありません。蓋の上でリボンを蝶々結びするだけで、何度でも可愛らしいギフトボックスを再現できます。



箱の中も蓋とお揃いの生地にしました。生地の柄の美しさがプレゼントをより引き立ててくれると思います♪

この作品は朝日カルチャーセンター札幌教室で行われるカルトナージュ講座での講習作品となっています。講座では2/25と3/10の2回に分けて今回紹介したギフトボックスを作っていきます。講座の募集はまだ行われていますので興味のある方はこちらの記事をご覧下さい。

2月と3月に朝日カルチャーセンター札幌教室でカルトナージュ講習会を行います♪

頑張って作った作品を大切な方への贈り物にしても良いですし、ご自分の大切な物を入れておいても良いと思います。きっと宝物になりますよ…。

カルトナージュ パピエコトンの最新情報は新しいホームページで紹介しています。
新しいホームページをご覧になる場合はこちらをクリックして下さい♪

体験レッスン 材料をお探しの方 カルトナージュ教室

天使の柄から演奏が聞こえてきそう♪ 差込錠付きのバインダー手帳



昨年は市販の手帳を製本して作りましたが今年はバインダー型の手帳にしました。ミニ6穴サイズのバインダー金具を使っています。
昨年の手帳はこちら
市販の手帳を使ったオリジナルのカルトナージュ手帳作り(ハードカバータイプ)

昨年は可愛らしい感じで作りましたが今年は落ち着いたイメージの手帳にしたいと思い、外側はワイン色のスキバルで作りました。ベルトに差込錠をつけましたがこれが結構使いやすいです。開け閉めも簡単にできますし、手帳をしっかり閉じることができます。

内側は天使柄の生地です。

ポケットのふちを曲線でデザインしてみました。作る前は直線の普通のポケットにしようと思っていたのですが、生地の柄を見ると曲線の方が合いそうかな、と思い曲線にしました。

反対側にはバイオリンとラッパを演奏している天使がいます。

こちらのポケットのふちも曲線にしました。曲線のデザインはなかなか気に入った形にならずいつも考えるのに苦労します。今回もこの小さなポケットのデザインを考える時に何度も線を引き直しました。その分、良い曲線が引けると嬉しくなります♪

リフィルをはずすとこんな感じです。

右側の天使の演奏を左側の天使が聞いているように見えます…。実はこのように意図して作ったのではなく、偶然天使たちがこのように配置されたのです。左右の内表紙を合わせると1枚の絵になるようで、こういう偶然は本当に嬉しいです!
お気に入りの手帳になりました♪

カルトナージュ パピエコトンの最新情報は新しいホームページで紹介しています。
新しいホームページをご覧になる場合はこちらをクリックして下さい♪

体験レッスン 材料をお探しの方 カルトナージュ教室

手作りタッセルがポイントのミニソーイングボックス ~カルトナージュの新刊本より~

[ソーイングボックス] ブログ村キーワード



あけましておめでとうございます。
今年もPAPIER*COTONをよろしくお願いします。

さて、2012年最初の作品は、ミニソーイングボックスです。
この作品は昨年発売されたよこた先生の本「かんたんカルトナージュに刺繍をアレンジ」を参考に作りました。



この本にはカルトナージュと刺繍を組み合わせた素敵な作品がたくさん載っています。カルトナージュの作り方ももちろん載っていますし、スタンプワークやホワイトワーク、ビーズステッチなどの様々な刺繍も紹介されていて見ていてとても楽しいですよ♪

蓋の内側にはカートンがついていて、このように立てて使用することが出来ます。

立てているカートンの右側についてるのがピンクッションで、待ち針などを刺しておけます。左側には平ゴムに布を巻いたものをカートンに通していて、手芸の道具や副資材などを挟んでおくとサッと取り出せるようになっています。

蓋を完全に開くとこうなっています。

箱の中は仕切りがないので色々と収納できそうです。お裁縫などをしている時は蓋内側のカートンを立てて使用すると使いやすいかもしれませんね。

この作品は昨年紹介した違うタイプのソーイングボックスと同じ生地なのですよ。このように生地を揃えて作ることができるのが手作りの楽しさですよね。
どういう仕組み? パタパタ開いて使いやすいソーイングボックス

作品に合わせてタッセルも作ってみました。


よこた先生の本にはウッドビーズを使用したタッセルが載っていますが、私は刺繍糸のみで作りました。使用した糸はDMCの25番刺繍糸です。
実は今回初めてタッセルを作ってみたのですが、これが結構面白いです!作りたいサイズの厚紙に糸を巻いて作っていくのですが、巻く回数や使用する糸によって印象が変わります。上の写真の赤いタッセルを作る前に練習で5個ほど作りましたが、割と簡単にできますし作品のアクセントにもなりますし気に入りました♪また作品に取り入れたいです。

昨年末の記事にもちょっと書きましたが、今年は「幅を広げる年」にしたいです。カルトナージュ講座の幅を広げたいと思っていますし、作品の幅ももっと広げられるように頑張ります。
皆様にとって今年が良い年でありますように…。

カルトナージュ パピエコトンの最新情報は新しいホームページで紹介しています。
新しいホームページをご覧になる場合はこちらをクリックして下さい♪

体験レッスン 材料をお探しの方 カルトナージュ教室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。