スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルトナージュ パピエコトンの最新情報は新しいホームページで紹介しています。
新しいホームページをご覧になる場合はこちらをクリックして下さい♪

体験レッスン 材料をお探しの方 カルトナージュ教室

キルト綿の感触が柔らかい♪ 優しい使い心地のメガネスタンド

メガネスタンドを作りました。スタンドの名前からわかるようにメガネを立てて収納する箱です。メガネを立てて入れても傷ついたり壊れたりしないようにちょっとした工夫がしてあります。



外側は赤いスキバルのみでスッキリとした印象に仕上げました。内側に使われている花柄生地の優しい色合いは、落ち着いた色味のスキバルと良く合います。今回は赤いスキバルを使いましたが、深いグリーンや黄色などと合わせても素敵でした。



この作品の特徴は、作品の内側のキルト綿が使われていることです。キルト綿といえばカルトナージュでは蓋をふっくらさせたり、リングケースのクッションに使ったりするのが一般的と思いますが、この作品では内側の底と側面をふっくらさせるのに使われています。
このように内側にキルト綿が使われているので、メガネを入れた時の感触がとても柔らかいのです。メガネを優しく包み込んでくれるような使い心地なんですよ。



こちらはモアレ生地を使って作った物です。この生地は前回のコレクションボックスと同じ生地です。前回はバラモチーフのレースをアクセントに使いましたが、今回はサテンリボンでリボン飾りを作りました。
実はこのリボン、もう少し上の位置でも良かったかな~とも思っています。作っているときはこの位置しかない!と思っているのですが、作品が仕上がって冷静になるとちょっと微妙な位置かな~なんて思い始めたり。こういうバランスは難しいですね。これからも色々な作品を作って感覚を磨いていきたいです。



この作品はメガネをかけている方にはとても重宝する作品ですなんですよ。リビングやベッドサイドなどに置いておくと役立つこと請け合いです。メガネどこ~?となることがなくなりますよ。
私も常にベッドサイドに置いて使っています。カルトナージュを始めた頃に作った物だから、色々アラが目立ったりもしていますが…。私の分と夫の分と、作り直してみようかな。

カルトナージュ パピエコトンの最新情報は新しいホームページで紹介しています。
新しいホームページをご覧になる場合はこちらをクリックして下さい♪

体験レッスン 材料をお探しの方 カルトナージュ教室

さらに可愛く♪ アクセサリーケースを改良しました

[カルトナージュ] ブログ村キーワード

今回のカルトナージュ作品は、アクセサリーケースです。

以前ご紹介したカルトナージュで作るアクセサリーケース(マジックボックス)のデザインを変更してさらに可愛くしてみました。

以前のシンプルなデザインも良かったのですが、より可愛らしくするために箱の側面にリボンをつけました。このリボンを結んで箱を閉じることができます。アクセサリーは自分をより素敵に見せるものですが、このリボンがアクセサリーケースのポイントになっていると思います。

さらに蓋のデザインも変更しました。キルト綿を入れた平らな蓋にくるみボタンをとめています。くるみボタンをつまんで開け閉めできますので、蓋がより開けやすくなりました。


箱を開くと中に小箱が交互についています。この形も面白いですよね。初めて見る方は「こうなってるんだ~」とちょっとビックリしてくれます。
小箱の上段は指輪やピアスを差し込んで収納できるようにしました。


色違いでも作ってみました。私にしては珍しい青ベースの生地です。こちらは中の小箱はピンクにしました。


アクセサリーケースとして使えて、お部屋に飾っておいても可愛いデザインにしましたがいかがでしょうか?箱を開いてアクセサリーを見せるようにディスプレイしても素敵ですよ♪


今回ご紹介した作品は、8月13日に行われるイベントに出品予定です。
この作品の他にもたくさん持っていきますので、ぜひお手に取ってご覧ください。
10月からヴォーグ学園札幌校で始まるカルトナージュ講座の作品見本も持っていく予定です。講習作品の実物を見てみたい方もお越しくださいね。講座のチラシもご用意しています。
場所と時間はこちらです。

手作り雑貨市場copan in 札幌駅前通地下広場 第2弾
開催日 2011年8月13日(土)
時間 11:00~18:00
場所 札幌駅前通地下歩道 憩いの空間
   (札幌市中央区北2条西3丁目地下部分 5番出口 敷島ガーデン横)

このイベントは20組の作家さんが参加されるそうです。色々なジャンルの方が参加されるみたいで、私もとっても楽しみです!今回こそブースめぐりしたいな♪

話は変わりますが…。
先日、札幌から高速道路で1時間ほどのところにある北竜町に行ってきました。ここのひまわり畑は国内最大級だそうで、最も旬な時期はちょうど今頃の8月上旬ということです。

北海道北竜町 ひまわりの里

遠くから見たときは「あれ、ひまわり咲いてるのかな…?」って感じだったのですが、近くに行くとたくさんのひまわりが元気よく咲いていました。初めて行ったのですが、一面に広がるひまわりに感動しました!


園内はわりと広めです。歩いて回っている方もたくさんいましたが、オススメなのは入り口付近のレンタル自転車を借りて、のんびりと一巡りすることです。とても天気のよい日でしたが北海道の夏らしい爽やかな風が気持ちよかったですよ。
青空の下に咲くひまわりはとても明るくて、元気を分けてもらえました♪

カルトナージュ パピエコトンの最新情報は新しいホームページで紹介しています。
新しいホームページをご覧になる場合はこちらをクリックして下さい♪

体験レッスン 材料をお探しの方 カルトナージュ教室

コンパクトミラー

[コンパクトミラー] ブログ村キーワード

今回のカルトナージュ作品は、コンパクトミラーです。
コンパクトミラーを平らにした様子
持ち歩くことを前提に作りましたので、鏡が傷つかないように折り畳み式にしました。


中を開くと片方に鏡がついています。
コンパクトミラーを開いた様子
このコンパクトミラー、開いて使うだけではなくもう一つの使い方があるんです。


どのように使えるかと言うと、まずこうして鏡を起こして…。
コンパクトミラーを起こした様子


さらに持ち上げて…。
コンパクトミラーを持ち上げた様子


鏡とは反対側に付いているストッパーに鏡を立てると、スタンドミラーにもなるんです~。
コンパクトミラーをスタンドさせた様子
外出先などでのちょっとしたお直しに使いやすいようにスタンド式にしました。


この鏡を立てるストッパーはあまり厚みがなくてもいいみたいです。
コンパクトミラーのストッパーの様子
かと言って薄すぎると役割を果たさなくなりますが(^_^;)


スタンドさせている様子を違う角度からも。
後ろから見るとこうなっています。
後ろから見たコンパクトミラー


横からはこんな感じです。
横から見たコンパクトミラー
この状態から鏡をたたむと、一番上の写真の様に平らになります。
持ち歩きに便利ですよ。


ちなみにこの生地は、以前ご紹介したハードカバーの手帳と同じ物です。

市販の手帳を使ったオリジナルのカルトナージュ手帳作り(ハードカバータイプ)

今回は写真を昼に撮りましたので、以前の記事の時よりも色が明るくなっています。
コンパクトミラーとハードカバーの手帳
どちらも持ち歩くもの、ということで同じ生地で揃えてみました。
以前から可愛い鏡が欲しいな~と思っていたので、やっと作れて満足です♪
自分の好きな柄で揃えることが出来るのがカルトナージュの良い所ですよね。


人気ブログランキング 手芸・ハンドクラフトカテゴリーで人気の記事を探してみる。

カルトナージュ パピエコトンの最新情報は新しいホームページで紹介しています。
新しいホームページをご覧になる場合はこちらをクリックして下さい♪

体験レッスン 材料をお探しの方 カルトナージュ教室

カルトナージュで作るアクセサリーケース(マジックボックス)

一見普通の箱に見えるこの作品…。
正面から見たアクセサリーケースの様子


違う角度から見ると、箱の角に縦の切れ目があるのがわかります…。
斜めから見たアクセサリーケースの様子
蓋をはずし、この切れ目から箱を開けてみると…。


中はこうなっています~。
アクセサリーケースを開いた様子
カルトナージュをされている方にはおなじみの作品、マジックボックスです。
マジックボックスとは、一見普通の箱ですが開くと中に交互に小箱が付いている作品のことです。
今回はこのマジックボックスをアクセサリーケースにしてみました。

* パピエコトンからのお知らせ *
マジックボックスの記事をお探しの方。
新しいマジックボックスの記事はこちらです。
閉じても開けても楽しめる♪ マジックボックス

上段の箱には4列のクッションを作って指輪スペースにしました。クッションの間に指輪を差し込んで収納します。指輪だけでなく、ピアスやイヤリングの保管にも使えます。
アクセサリーケースを上から見た様子
下の箱には、ブローチやブレスレットなどの小物を収納できます。
日常よく使うアクセサリーを入れておくのにぴったりですよ。


上段のクッションですが、キルト綿と布で簡単に作れます。
キルト綿とはパッチワークなどで使われるシート状の綿のことで、キルト芯とも呼ばれています。手芸屋さんに行くと色々な厚さの物が売られています。
このキルト綿を使用する大きさにカットして、のり巻きを巻く要領で巻きます。巻いたキルト綿をさらに布で巻いてくるみ、ボンドでとめると出来上がりです。


蓋の上面にもキルト綿を入れて、ふっくらとさせています。
アクセサリーケースの蓋
私が持っているキルト綿は1枚では少し薄いので、2枚重ねて使いました。


以前は蓋にキルト綿を入れるのが苦手でした。布の張りが甘くて蓋の布がたるんだり、逆に布を引っ張りすぎてせっかくの綿がつぶれてしまったり…。
何度も練習して、上手く“ふっくら”させることが出来るようになりました。


蓋の内側は小箱の内側の生地とお揃いの水玉柄です。
アクセサリーケースの蓋の内側の様子
この水玉柄は表の花柄と合わせて買ったわけではありませんが、色合いが良く合っていると思います。こういう風に手持ちの素材がたまたま合うと嬉しいですよね。


今回アクセサリーケースを作りましたが、実は私はあまりアクセサリーを持っていないのです。
あまり興味がなかったので、必要最低限のものしかありません。
だけどせっかく可愛いアクセサリーケースが出来たので、少しずつ増やしてみようかな、と思います。

カルトナージュ パピエコトンの最新情報は新しいホームページで紹介しています。
新しいホームページをご覧になる場合はこちらをクリックして下さい♪

体験レッスン 材料をお探しの方 カルトナージュ教室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。